■CALENDAR■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月 2018年10月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
合計: 241163
今日: 19
昨日: 50
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■

ICT活用と学力の関係
昨年度、どさコンプロジェクトとして本研究に取り組んできました。当初は、授業でICTを活用することで「学力向上」が実現可能と考えていたこともあり、情報機器を活用した授業実践をメンバーで行ってきました。確かに授業に意欲的に取り組むなど情意面での効果はあったのですが、そのことが「学力向上」につながるとは言えないという実践も報告があり、検討が必要と考えました。そして、ICT活用は学習活動の一つの手段としては効果的な道具であるが、一つの道具を使うだけで学力向上には結びつかないのではないかということに気がつきました。
1 子供たちに必要な知識・技術という学習の基礎となる部分、思考・判断、活用といった学習の基本となる部分について各教科や道徳の時間、特別活動など学校のすべての教育活動の中でバランスよく育てることが学力向上につながること
2 そのためには、各教科等の中で、情報活用の実践力を育てながら各教科の目標達成を目指すこと
3 目標達成のためには、体験的な活動や課題解決型の学習、その基礎となるような知識・技術を高めるトレーニング学習が考えられること
4 その手段の一つとして、現時点でICT活用をしたほうが効果があると考えられることを整理し、授業で活用していくこと
5 無理にICTを活用した授業を普及しようとするのではなく、学習活動全体を見通した上で、学力向上に効果が期待できる活用場面と育つ力を明らかにしたうえで、ICT活用を紹介すること
という結論に達しました。
これまで、国の地方交付税交付金で教育の情報化の予算措置が行われてきました。その全てが教育の情報化に使われたのかは予算の性格上不明です。しかし、予算を措置したとういう事実があるため、教育の情報化を提案したところには、その説明が求められ、その証明のために「学力向上」というわかりやすい結論付けをしようとした結果が「ICT活用で学力向上」ということだったのかも知れません。
これからは、もう少し子供たちに軸足を向け、子供たちの将来を考え、実生活に本当に必要な知識や技術を習得し、情報収集・処理・判断・・評価・管理・活用・発信といった応用力・実践力を育てるためのICT活用をすべきというのが結論です。
無理をせずしかし確実にICT活用を推進していくこととします。




| ICT活用::実践・研究メモ | 08:29 AM | comments (x) | trackback (x) |
iPodtouch
本日、iPodtouchが届きました。早速使い始めています。タッチスイッチは思ったより使いやすい気がします。一瞬で画面の縦横変換するなど見やすいですね。
あとで無線LANを使いいろいろやってみようと思います。


| ICT活用::学習環境づくり | 02:45 PM | comments (x) | trackback (x) |
日本教育工学会全国大会発表
9月22日(土)から24(月)まで、所沢市にある早稲田大学キャンパスで、”どさコンメンバー”が研究発表をしてきました。
河島先生は松下教育研究財団の研究助成の概要と実践の一部紹介、黒坂先生はどさコンの基盤となっている校内での普及と実践、その他長谷川先生・新谷先生の情報モラル教材についての発表、太田先生の実践発表、尾崎の課題研究での情報モラルの授業の取り組みに関する発表などを行いました。それぞれの発表で意見や感想をいただき、課題解決の手だてやヒントを得ることができました。会場では、様々な方たちと再開しお話をすることができました。初日夜には小川先生他とひばりヶ丘で懇親会、帰りは、小川先生に小手指の駅まで送っていただくなど大助かりでした。
いよいよ、このプロジェクトもまとめの段階に入ります。


| 研究発表::日本教育工学会 | 10:30 AM | comments (x) | trackback (x) |
黒板コンテンツ
1年生の授業が構想図まで進んだので、昨年の反省から、黒板コンテンツを作ってみた。
パワーポイントで手順を説明する内容にした。
昨年チョークで黒板に書き方を書いたときにはほとんどの子どもがよくわからないと感じたのだが
立方体の書き方の手順をしめしたら、ほぼ全員がいとも簡単にかけた。
例示した図形も同じように書けた。ワークの少し複雑な例題についてもほとんどの生徒ができた。
この調子だと、構想図もうまくいくと思う。
コンテンツは黒板PJのサイトに後日アップ予定。
#黒板コンテンツですが、1学期のアンケートの結果を考え
黒板に直接表示せず、マグネットスクリーンに表示させています。
見やすさが全く違います。 


| ICT活用::実践・研究メモ | 09:32 PM | comments (x) | trackback (x) |
技術室の環境2
技術室の黒板はスライド式になっているので使い分けができる。
閉じたときには黒板として、開くとスクリーンが使えるよう内田洋行のマグネットスクリーンを貼り付けてある。
こうしておくと、開画像はスクリーンで見せることができるし、閉じると黒板コンテンツを使ったり板書ができる。
このようにコンピュータやiPodのような携帯端末でコンテンツを表示する他実物投影機(OHC)もあわせて使っている。手元にある部品の拡大や細かな作業の説明を見せるときに使える。技術室を含め特別教室にはこのような環境があればICTを活用した授業がしやすい。もちろん、情報コンセントもついている必要がある



| ICT活用::実践・研究メモ | 02:42 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑