■CALENDAR■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<前月 2007年04月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
合計: 228541
今日: 70
昨日: 38
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■

実践スケジュール(予定)
この研究については今週末4/7(土)の会議でスケジュールが決定するが大まかに次のようなことを考えている
この数年の実践・研究から最初にしっかりした摺り合わせを共同研究者で行っていないためにまとまらない研究があり後から大変な思いをしている。そうならないよう、研究倫理や個人情報への対応も含めしっかり準備しておきたい。
○実践者の授業の計画の作成 4/7(土)まで
○実態把握(子どもの状況、授業、学習環境など)調査を行う 〜4月中
○この調査をもとにそれぞれの具体の目標を検討する 〜4月中
○日本教育工学会研究会(札幌)で発表5/19(土)
○実践(4〜12月頃)と効果の検証及び情報交流
○実践内容の検討(実践者会議 6月、8月)
○この実践を普及・啓発するための合宿研究会の実施(講師富山大小川亮先生 8/9(木)〜10(金)長沼町)
○授業の評価と子どもの変容に関する確認(10月頃〜12月頃)
○研究のまとめ1月
週末までにもう少し具体的なスケジュールを立てていこうと思う。



| ICT活用::実践・研究メモ | 05:51 AM | comments (x) | trackback (x) |
ICT活用の実践
今回の取組は共同研究者8名の実践をもとに行われる
小学校3名、中学校3名、高等学校2名(若手4名ベテラン4名)でICTを活用した授業改善を行っていく。
授業での効果はこれまでも学力向上に効果があったという発表が行われてきた。また、教師の授業する力量によっても違いがあるとういうこともこれまでの取組でわかっている。
しかし、子どもたちの現状分析、どのようなICT活用を行うとどんな力がつき、子どもの何が変容するのかということについては今ひとつはっきりしない。
ここからもう一歩進んだ実践・研究にしていきたい。
今回のプロジェクトのメンバーは皆しっかりとした考えを持ちしっかりした実践をしている先生なのでしっかりした研究にしたい。


| ICT活用::実践・研究メモ | 03:50 PM | comments (x) | trackback (x) |
松下教育研究財団実践研究助成
がんばれ!どさコン!!で応募した松下教育研究財団の実践研究助成に「ICTを活用したわかる授業と学力向上に関する研究」が選定された。これから1年間プロジェクト研究に取り組むことになる。
昨年12月にスタートしたpana-mlを中心に各自の実践をもとに研究を進めることになる。
まずは4/7平岡中で第1回目の打ち合わせ会議を行う。この日各自本年度の授業計画を持ち寄り研究の進め方を検討する。
助成いただいたお金が無駄にならないようしっかりとした実践・研究にしようと思う。


| ICT活用::実践・研究メモ | 06:25 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑