■CALENDAR■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月 2006年05月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
合計: 247607
今日: 4
昨日: 100
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
 

デジタルコンテンツの活用
昨年までは、デジタルコンテンツの授業での活用について、「どう普及させるか」というのが仕事だったが、今年は自分で授業ができる。
実際に授業をやってみて、「すぐ」、「簡単」、「手軽」に使えるということと、コンテンツ活用が有効そうな場面で「ほんのちょっとだけ使う」と効果的と実感している。
しかし、国の整備計画はそのような授業ができるようにはなっていない。業務用コンピュータの整備は大切なことだが、何も新品のPCを考える必要はない、企業がリースアップしたPCを教員が校務で使えるようにリユースするための規定ができればいいだけの話だと思う。
それよりも、「わかる」「楽しい」そして「学力」が向上する授業をするために、チョーク箱の変わりにモバイルプロジェクタとiPodを持って授業に行けるようにするのが先だと思う。
ということで、整備を待っていられないのでiPodとJUNKプロジェクタを自前で用意し授業で使っている。
やってみてやっぱりその通りだったこと
・映像コンテンツの利用が効果的な場面で使う。
・コンテンツの条件はQT形式(iPodを使う場合)例えば、コンピュータのしくみを学ぶ時には次のサイトにあるコンテンツがQT形式。
このコンテンツはED2という独自の著作権レベルを設定しているので加工も可能で授業で使いやすくなっている。
・QT形式のコンテンツならQTプロでiPod用に書き出すのにもそんなに時間がかからず面倒な手順もない。
・PanasonicのデジカメはQT形式で動画を記録できるのと鮮明で綺麗に映るのでiPodコンテンツ作りにはバッチリ。

このようなiPodコンテンツの利用と併せて自学学習型コンテンツも、ものづくり実習で利用できないか考えている。
(技術準備室にWebサーバを置き、木工室や金工室に何台かの端末を置いて授業中に生徒が工具の使い方や作業手順を確認できるとか)
Macだとプレミア価格で買えないので、DOS/Vのリユースを考えている(Pentium3 1Ghzメモリ512MB、HDD20GB程度のマシン)
これ以下のスペックだとFREEなOSとアプリを動かすことが困難だが、これ以上のスペックだと実習室での授業に使える。
何とかしたいと思う。。。

| 学校のおしごと::教科 | 01:42 AM | comments (x) | trackback (x) |
学校ホームページのリニューアル
一月近く日々のくらしを書いていなかった。連休中に部屋の掃除をしたので作業空間が広くなった。そこでG4Macを入手しパワーアップ作業を始めたて、すっかりはまってしまい自宅でblogを書く時間がなくなった。。。(らしい)
実は、勤務する学校のホームページをつくっていたのです。(^_^)
4月に職員に提案し、構想を煮詰め連休中に完成予定が大幅に遅れ5/15に公開した。
○更新をスムーズに行うための工夫
1Web確認決済システム
学校長の決裁は、校内Web(外部のミラーサイト)を校長室に設置した学校備品の端末で行う
2Web更新システム
学校Webページの更新は職員室の自分の机上からFTPを行う。起動時リカバリという設定なので、FTPソフトのインストールや設定を支援ディスクに依頼し、学校備品のノートPCで行う。これで、頻繁に学校ホームページの更新が可能になった。(休日以外毎日更新)
○保護者・家庭を中心の対象としたホームページにするための工夫
1必要な(と考える)情報を出来るだけ速く正確に伝える
これは、Webを使った行政サービスと同じように、学校の情報を保護者・家庭に伝えるサービスが必要なはず。
小規模校ならわざわざ学校ホームページを使わなくてもいいのかもしれないが、規模の大きな学校では担当者を決め、学校の広報活動が不可欠になる。
しかし、教員が勝手に情報を発信しても責任をとることができないので学校長の判断が必要になる。このあたりを校務に位置づけシステム化をしていくことが今後の学校ホームページ充実の鍵となる。学校組織マネジメントに取り組もうとしている学校では比較的簡単に行うことができる。公的な機関である学校の情報発信は一教員の趣味の世界にしてしまってはならない。
2マネジメントサイクルで評価−改善を常に行う
使える学校ホームページとは何か?ということを考えると、学校ホームページの意図やねらいと利用者のニーズがマッチしていることになると考える。そのためには評価−改善が必要になる。評価の一つは訪問者数で見とることができるが、内容については利用者の意見を聞くことも大切。利用者が使いたくなる情報発信が出来るような評価−改善を行うことが大切。
学校には沢山の情報がある、その情報を活用する力が今学校には求められていると思う。


| 学校のおしごと::校務 | 03:13 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑