■CALENDAR■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<前月 2018年04月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
合計: 231439
今日: 39
昨日: 67
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■

デジタルコンテンツ
今日は、コンピュータがどんなしくみで動くのか子どもたちに考えてほしいと思い、実際に古いMacを分解する授業を行う。ACEの払い下げ機材を更に払い下げてもらい教材にしようと保管していたものが活躍する日がきた。

−−−授業をおこないました
授業の様子
今回の内容はあまり深入りしないほうがいいのですが、資料や教科書では体感できない本物へのこだわりを持ちたい部分であり、またこれまでの実習で身に付いた(はずの)工具の使い方を確認する意味でもはずせない授業です。各グループの生徒は、「分解の仕方は自分たちで考えてみてね」「資料や教科書を参考にそれぞれの装置を確認してね」という発問に応え、一生懸命分解に挑戦しはじめました。ディスクトップ型のMacは簡単に分解でき、それぞれの部品の確認も出来たのですが、タワー型の8500は自分でも分解にとまどうくらい難しいので生徒も苦労していました。うまくいかないグループには、「ケーブルを外すとその下にねじが隠れているかも知れないね」とアドバイスをしたりしながら15分程度で分解は出来ました。そのあと、朝、ダウンロードしたコンテンツを使いハードディスクの働きとかCPUの働きとか30秒程度のビデオクリップを提示したのですが、これは、提示するより校内Webサーバに蓄積し、それぞれが見ることができるようにしておいたほうが、良さそうで失敗したと思いました。授業用のWeb教科書は夏季休業中の宿題にしようと思います。そうなると、校内LANが来ている技術室にもグループ分のノートPCを持ち込んで授業ができます。授業用のノートPCが17台あるので何とかなりそうです。∈^0^∋−−−

平成13年度に国が行ったネットワーク提供型コンテンツ開発事業でつくられた情報機器と情報社会のしくみ素材集の動画と画像をつかい授業で使う資料をつくっている。これまでは、こんなコンテンツがあるんですよと技術科の先生たちに話しをしてきたが、どう活用するのか具体的なイメージがどうしてもつかめなかった。しかし、自分の授業をやることになると、話は別で、早速、動画をダウンロードし、iPodで使えるファイルに書き出してみた。また、画像をダウンロードし配布資料に使ってみた。使い方によっては使える資料だとあらためて感じている。
教育用コンテンツを使ってみようと教師の意欲を高めるような完成度の高いコンテンツはほとんどない、しかし、素材なら沢山ある。そんな発想の転換が先生たちは苦手なのかもしれない。と、ふと思った。


| 学校のおしごと::教科 | 05:32 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑