■CALENDAR■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<前月 2018年11月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
合計: 243850
今日: 4
昨日: 414
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■

学校のホームページ
現在、勤務校の情報化に手をつけはじめているそんな中で
学校が情報発信の手段として学校Webページ(ホームページ)を充実させたいと考えになることは良いことだと思う。しかし、何からどのように手をつけていけばいいのかわかりやすい手順が示されることが少ないので、どうしていいのかわからないというのが現実なのかもしれない。勤務校も工藤社長のところで制作したあと更新を試みていたようなのだがほとんど白紙の状態のままだった。実は、これはありがたいことでゼロからはじめることができる。

そこでどんな手順でホームページを立ち上げるのかと構想してみた。
1 なんとなく周りに伝える 
自分の周り〜研究部(何故かここが担当)〜教頭への簡単な説明と同意 4/13のPTA総会で保護者への説明と同意を得ないと、学校のホームページとして動き出すことができない。反応は悪くないがよくわからないというのが現状かもしれない。これから1年間かけて学校の情報公開・情報発信を進めていこうと思う。
2 必要な規程と資料の準備と職員への説明と同意 
長谷川先生の資料を参考に、ホームページ立ち上げまでの流れ、ガイドライン、保護者向け説明資料、生徒向け説明資料を作成し、部会で説明し、職員会議で学校全体に伝える準備はできた。
3 保護者への説明と同意
情報を公開・発信することで起こりうるトラブルについて説明し、納得してもらったうえで学校ホームページを運営していく必要がある。
4 ホームページの全体構造と作業の流れ、更新手順の作成
現在考えていることは、保護者や地域の人たちがみたくなるサイトの構築
中学校のホームページには
・学校についてわかる、学校の様子がわかる、必要な情報が入手(配付資料のダウンロード)できる、みたくなるページ
欲張ると
・学校の考え方の提示と学校評価の公開などポリシーを主張できるということになる。
これをもとに構造を考えようと思う。
これまでも色々な場面で紹介してきた「本日の給食」いろいろな「本日の給食」があるが、シンプルな真栄中のものが親としてはみたくなるページだ。もう一つ考えているのはBlogまたはふれあい通信を使った誰でも発信者になれるページ、これをうまく動かすには真栄中の先生の知恵を借りたいと思う。


| 学校のおしごと::校務 | 01:31 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑